秋の心得。

秋ですね。

もう10月ですね。

日に日に時間の経過の速さに驚く毎日です。

皆さんはいかがお過ごしですか?


いや~、先日土曜日のレッスン後のご飯会は楽しかったですね~!
久しぶりに翌日は二日酔いで苦しみました。。苦笑


さて、先日素敵な言葉を発見しましたよ。
僕たちが目指す何かに大きく役に立つ言葉かもしれませんよ。


それはね・・・。




「指揮者は、一人の人間を受け入れるために、楽譜を書き直したりはしない。 」

ある社会学者が言った言葉だ。


そしてこうも言っている。


「成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。しかし、組織というものが最近の発明であるために、人はまだこれらのことに優れるに至っていない。」


なるほどなあ。



先日のライブが終わってから、皆のやる気はますます高まりを見せているように思う。

色んな人達が素晴らしいアクションを見せてくれるので、僕もここで改めて強く心に誓いたい。


それは、やっぱり僕は僕らしく、Fらしく。


9月からグループレッスンの方針が変更になりました。

それを期に知識や技術、そして環境や年齢の違いを後回しにした一貫したレッスン方針に必死にしがみつこうとしてくれる人達がスタジオに多く顔を見せてくれるようになりました。

そしてその姿を見るたびに心強い仲間が増えたなと実感する毎日です。


技術や知識、年齢の違いはとかく不安を生みやすいものだと思うのですが、Fでは一人ひとり皆が大きな力。


その学者はこうも言っています。


「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由となる。 責任をもつがゆえに、自由となる。」



偉い人の言葉は時としてそれが素晴らしすぎるがゆえに、それを取り入れるに至らないときもありますが、この考え方は僕たちにとって非常に有意義に思います。。


今僕たちが目指すのは、一人ひとりの技術の完璧さではなく、それを求める自然な情熱と、学ぶことや安心できる心強い仲間がいる喜びではないかと思うのです。

そしてそこから生まれる新しい結果への道のりと、その結果を皆で大いに楽しみましょう!


さあ、福岡ライブも決定しましたね。
何かを成し遂げるには不足のない素晴らしい目標だと思います。




あ~それにしても土曜日のご飯会は楽しかった。

不思議とご飯や喜びは独りよりも皆の方が楽しいですね。


これからの皆さんの活躍を心より楽しみにしています。




追伸:先日の可愛いガールズ・ラッパーは無事オーディションを通過しましたよ!!

おめでとう!!


ボイストレーニング・ゴスペルスクールはこちら!
ボーカルスクール 大阪:F-COMMUNITY

[PR]
by f-community | 2009-09-28 12:09 | 出来事