カテゴリ:出来事( 4 )

嬉しいひと時。

町をぶらぶらしていたら何となく聞き覚えのある歌が流れてきて聞き入った。

知っている歌だった。

そう、かつて家に通っていた生徒がその頃作ってどう形にしようかと悩んでいた曲が今は街に流れてる。

かつて、ああでもない、こうでもないと指導しながら。
その時はその子が学びたい何かを教えることに必死で、こんなにもいい曲を心で捉えられていなかったんだなあとふと反省した。

立ち止まってその流れてくる曲に聞き入っていたら思わず胸が熱くなった。

色々な人の心を打つ歌をたくさん作って、そして人々が持つ苦しみや悲しみをほんの一瞬でも和らげる歌手になって欲しい。


思わず嬉しくてメールをしたらすぐに電話がかかってきた。


懐かしい彼の声は明るく開けた未来への期待ではじけていた。

嬉しかった。


遠くない未来、きっと皆さんの耳にも届くんでしょうが、どうぞ皆さん、そんな彼の曲、是非一度聞いてやってください。


「方想う」
http://www.youtube.com/watch?v=P-lCd4j1JZI&feature=player_embedded



ボイストレーニング・ゴスペルスクールはこちら!
ボーカルスクール 大阪:F-COMMUNITY

[PR]
by f-community | 2009-12-06 22:08 | 出来事

秋の心得。

秋ですね。

もう10月ですね。

日に日に時間の経過の速さに驚く毎日です。

皆さんはいかがお過ごしですか?


いや~、先日土曜日のレッスン後のご飯会は楽しかったですね~!
久しぶりに翌日は二日酔いで苦しみました。。苦笑


さて、先日素敵な言葉を発見しましたよ。
僕たちが目指す何かに大きく役に立つ言葉かもしれませんよ。


それはね・・・。




「指揮者は、一人の人間を受け入れるために、楽譜を書き直したりはしない。 」

ある社会学者が言った言葉だ。


そしてこうも言っている。


「成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。しかし、組織というものが最近の発明であるために、人はまだこれらのことに優れるに至っていない。」


なるほどなあ。



先日のライブが終わってから、皆のやる気はますます高まりを見せているように思う。

色んな人達が素晴らしいアクションを見せてくれるので、僕もここで改めて強く心に誓いたい。


それは、やっぱり僕は僕らしく、Fらしく。


9月からグループレッスンの方針が変更になりました。

それを期に知識や技術、そして環境や年齢の違いを後回しにした一貫したレッスン方針に必死にしがみつこうとしてくれる人達がスタジオに多く顔を見せてくれるようになりました。

そしてその姿を見るたびに心強い仲間が増えたなと実感する毎日です。


技術や知識、年齢の違いはとかく不安を生みやすいものだと思うのですが、Fでは一人ひとり皆が大きな力。


その学者はこうも言っています。


「自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由となる。 責任をもつがゆえに、自由となる。」



偉い人の言葉は時としてそれが素晴らしすぎるがゆえに、それを取り入れるに至らないときもありますが、この考え方は僕たちにとって非常に有意義に思います。。


今僕たちが目指すのは、一人ひとりの技術の完璧さではなく、それを求める自然な情熱と、学ぶことや安心できる心強い仲間がいる喜びではないかと思うのです。

そしてそこから生まれる新しい結果への道のりと、その結果を皆で大いに楽しみましょう!


さあ、福岡ライブも決定しましたね。
何かを成し遂げるには不足のない素晴らしい目標だと思います。




あ~それにしても土曜日のご飯会は楽しかった。

不思議とご飯や喜びは独りよりも皆の方が楽しいですね。


これからの皆さんの活躍を心より楽しみにしています。




追伸:先日の可愛いガールズ・ラッパーは無事オーディションを通過しましたよ!!

おめでとう!!


ボイストレーニング・ゴスペルスクールはこちら!
ボーカルスクール 大阪:F-COMMUNITY

[PR]
by f-community | 2009-09-28 12:09 | 出来事

彼女は大丈夫だろうか?

今頃彼女は大丈夫だろうか?

うん、きっと大丈夫。


この一月、6回のプライベートレッスンを詰め込んで、ある女の子の指導に当たった。

小学4年生の女の子。

オーディションのためだ。

課題はRAP。

もちろん英語でだ。


おとなしくてニコニコの笑顔がかわいらし女の子。

そんな女の子が本当にアグレッシブなラップに挑戦できるのか?
と内心不安はあったものの。

「大人と同じレッスンをしますよ。」

そうして断言させてもらい、レッスンを開始した。


オーディションまでの時間は一ヶ月。

お母さんに付き添われてレッスンに通い、出した宿題をまじめに、且つ積極的にこなしてくれた。

時には怒られることもあったし夜遅くになるレッスンもあったけど、本当によく頑張ったなあ。

最後のレッスンを迎えた先日、彼女は素晴らしいガールズラッパーに成長しましたよ!


付き添いのお母さんから、彼女がこのひとつきで随分変わった事を聞かされた。

お母さんはこのオーディションを経験することで、彼女に自信が身につけばいいとお考えのようでした。

本日彼女はそのラップでオーディションを受ける。


もし合格すればきっと今後、彼女はさまざまなことにチャレンジする喜びを手に入れるだろう。

もし合格できなければ、きっと努力する大切さを手に入れるだろう。



子供の能力が素晴らしいのは、吸収力が良い事も大きな理由ではあるんだろうけど、「失敗しない」という失敗をしないというのも大きな理由だ。


大人になるにつれて、ついつい僕たちは失敗しないことが成功のように思ってしまうが。。。

失うことより得る喜びを。

転ぶ不安よりも立ち上がれる能力を。


彼女を見ていてふとそんなことを考えましたよ。


秋の気配が気持ちい今日この頃。

目の前に山積みの課題に不足なし!



ボイストレーニング・ゴスペルスクールはこちら!
ボーカルスクール 大阪:F-COMMUNITY

[PR]
by f-community | 2009-09-17 13:09 | 出来事

新たな扉。

暑い毎日が続きますね~、本当に!

さてF-COMMUNITYでは三ノ宮校が開講1周年を向かえ、昨日リハーサルをかねてお祝いが行われましたよ~!

会場は来る8月9日に開催されるWELCOME RAINの現場でもある神戸倶楽部。

やっぱり素敵な場所ですね~!
リハーサルも食事も会話も素晴らしかったです。
一年頑張ってくれた皆さんに心から感謝です。

この一年でF-COMMUNITYは随分変化することが出来ました。

たくさんの方々が集まり、前向きに明るく楽しく、そして真剣に歌に取りくんでくださったお陰で、クワイヤーの練習中でも涙をこらえなければいけないほどのシーンが何度も訪れます。

素晴らしいことです。

F-COMMUNITYをボーカルスクールとして立ち上げた当初の理想像が今ここにあるもかもしれません。
皆が心からソウルフルに歌える場所、そして皆がみんなに少しずつ優しく、仲間を心から大切に思える場所。

小さいながら、素晴らしいコミュニティーが出来上がりました。

仲間がいる。
それは人生において大きな強みであり、喜びであり、励みです。

今、新たな理想を皆で抱く時期が来ているのかもしれません。

大人数のやる気、熱意、優しさ、そして周りの皆への感謝。

これらは本当に凄いエネルギーです。

WELCOME RAIN本番が楽しみでなりません。


皆さん、素晴らしいひと時になるよう、体調を整えて復習を怠らず頑張りましょう!!



ボイストレーニング・ゴスペルスクールはこちら!
ボーカルスクール 大阪:F-COMMUNITY

[PR]
by f-community | 2009-07-29 10:29 | 出来事